レーシックイメージ

視力の調節が可能なレーシックの手術

レーシックの手術を受ける理由はそれぞれ異なりますが、私の場合は主にコンタクトレンズが原因でした。

コンタクトレンズの使用は日々のケアに手間がかかるため、ワンデー用のものを使用していました。
このコストを計算してみたところ年間でも大きな出費となり、それに比べれば継続的に視力を回復できるレーシックは非常にコストパフォーマンスの高いものである事が分かります。

又、毎日のコンタクトのケアにかかる時間や手間も大きく、時間の無い朝の時間帯には非常に大きな負担となります。

更に、外出先や旅行に行くときなど面倒な事が多く、ケア用品に加えコンタクトやメガネを持参する事も必要であったために、苦労の多い日々でした。
このようなストレスから解放され、手術の成功率の非常に高いものである為に、
私はこのレーシックの手術を受ける事を決めました。
そして、私がこの手術を受けるきっかけとなったポイントに視力調整が可能というものがあります。

ここでは視力調節が可能なレーシックの手術についてお話致します。
先ず最初に、この手術の医療機器の進化と共に、最新の手術では望む視力を得ることができるようになっています。
通常のレーシックでは視力調節は困難でしたが、近年では遠くのものをより鮮明に見るようにするための視力回復や、近くのものを見やすくする効果など、患者側の要望に応える事が出来るようになり、手術の精度がさらに高められています。

この手術方法では通常のレーシックとは異なり、角膜の蓋の作成方法を患者に合わせカスタムし、
精密な技術を組み合わせ、より高品質な治療を行う事を目的としたものです。

その為、特殊な検査機器で目の状態を精密に分析し、手術を受ける方に適したレーザー照射のプログラムを行い治療が行なわれます。
それ故に、患者の希望に合わせた理想的な視力へと近づける事が出来るのです。
このように視力調節が可能なレーシックの手術には、このような特徴があります。

Copyright(C) 2009 手術で視力を回復する.com All Rights Reserved.