レーシックイメージ

最新の医療技術を駆使したレーシックの術式

私は両目ともかなり近視が強く、以前からレーシックの手術を受ける事を検討していました。
この手術は医療技術の進歩と共に新たな術式が数多く誕生しており、私はどの術式を選びレーシックを受けるか戸惑っていました。

この手術は視力に関わる大切な手術なので、最新の医療機械でこの手術を受けたいと考えていました。
ここでは最新の医療技術を駆使したレーシックの術式についてお話致します。

先ず最初に、従来のレーシック手術は角膜の表面を薄く切開しフラップを作るため、
この術式は医師の技術力による大きな差が出てきてしまうという特徴がありました。
そのため、医師の選択によって手術の確実性が異なり、私はこの術式での手術を躊躇していました。

しかしながら、私が選択した手術法は個人で異なる眼球の特徴を検査時に把握し、
レーザーを照射する時に的確な位置に合わせることで、個人の目に合わせた
より安全で精度の高い手術が行えるというものです。

この手術法では使用機種による手術結果の違いや、医師の技術による差が出ることは少なく、
より正確に角膜のフラップを作成することができるようになっています。
現在では、このレーシックの術式が主流になってきており、術後の回復が早く、手術後の炎症を最小限に抑えられることも出来る為に、私はこの確実性の高い手術法を選択しました。
この手術終了直後から非常に視界が鮮明になり、視力回復の効果の実感があり、
その効果の高さに驚いています。

そして、手術中と手術後の痛みについてですが、終始大きな痛みも無く治療を終了し、
時間が経過した現在も全く痛みを感じません。
このレーシック手術は想像する以上に簡単で、何の問題なく終わり非常に安全性の高い手術である事を認識しました。
その為、私はこの手術方法を選び、視力矯正の治療を受けた事に大変満足しています。
このように最新の医療技術を駆使したレーシックの術式には、このようなポイントがあります。

Copyright(C) 2009 手術で視力を回復する.com All Rights Reserved.