レーシックイメージ

レーシックの手術方法と術後の視力

レーシックとは、エキシマレーザーを使って角膜の中央部を削る事によって
角膜の形状を変え屈折率を変化させ、視力を回復させる方法です。

90年代にアメリカなどで人気が高まり、日本では2000年に厚生労働省の認可を受け安全性が確認されました。

たくさんの芸能人やセレブがレーシックを受け視力回復した事から、高い注目を集めています。
元々はRKといってメスで角膜削る方法がありましたが、角膜のどの部分を削って良いのかよくわからずに、効果もそれほど出ませんでした。

その後、PRKといって角膜の表面をレーザーで削る方法が行われるようになりました。
しかしこの方法は、角膜に直接レーザーを当てるので痛みが出やすく治りが遅いため
それほど普及しませんでした。

それから今行われているレーシックが誕生しました。
レーシックは角膜の表面を削ってフラップを作り、内側をレーザーで削ります。
削り終わるとフラップを元に戻します。
神経が通っていないところを削るので痛みがほとんどなく、表面も元通りにツルツルに戻ります。
術後2、3時間で目の前がはっきり見えると実感できるようになります。

しかし、遠くは見えるけれど近くは見にくい遠視の状態や左右違って見えたりぼやけたり、
安定しない状態が続く事がありますが、1週間から1ヶ月ほどで安定してきます。
安定して初めて視力が回復したと言えるでしょう。
入院せずその日のうちに帰宅でき、日常生活に支障をきたさないので忙しい方でも受けやすいです。

先日レーシックを受けました。
小学生の頃から視力が悪くずっとメガネでコンプレックスを持っていました。
大人になってからからコンタクトにしましたが、洗浄などとても面倒ですし、
ゴミか入ったらとても痛いし、朝起きてすぐにコンタクトをつけないと何も見えないという状態がとても煩わしく、レーシックを決意しました。
3年が経過しましたが、術後からずっと1.5の視力を保っていてとても快適な生活を送っています。

Copyright(C) 2009 手術で視力を回復する.com All Rights Reserved.