レーシックイメージ

遠視の方もレーシック治療が受けられます

近年、目の視力を回復させたり矯正させるレーシックの治療を受けられる方が急増しています。

少し前までは、視力の低下に気付くと医療機関で診察を受け、自分の眼の視力に合った眼鏡やコンタクトレンズ等を作成してもらい装着する事が多かったのですが、
最近では、これらの補正器具を使用する事なく眼の前のものを綺麗にはっきりと見る事が出来るレーシックの治療方を選択される方が多くなってきました。

眼鏡等の補正器具と違い、レーシックは何かを眼や顔に乗せたり付けたりする事がないので、
毎日の生活がとても楽になり何も気にせず毎日を送る事が出来るようになるのです。

 私自身は小さい頃から遠視がひどく、近くの物がぼやけて見え毎日すごく眼が疲れる程でした。
小学校に入る頃には分厚い眼鏡をかけるしか方法はなかったので、毎日かけていましたが
成長するにつれ眼鏡のサイズが変わってきたり、視力がまた変わるとレンズを交換しなければならなかったりと本当に不便な日々を過ごしていました。

しかし、年頃になってくるとそんな眼鏡をかけて学校へ行く事に抵抗を感じ、
コンタクトレンズに変えてみました。

コンタクトレンズを初めて装着した時はすごく嬉しくて、これで私もみんなと同じお洒落が出来ると喜んでいましたが、装着している間の眼の乾きが激しく、ひどい時には眼を開けている事さえ出来ませんでした。

そして、毎日の手入れがとても面倒で、こんなに大変な思いをして目の補正をしなければならないのかと諦めていました。

 そして、社会人になった時友人がレーシック手術を受けたと聞き、詳しく教えてもらいました。
眼の手術なんてどこか怖いと思っていましたが、友人は驚く程簡単に手術は終了し、
次の日からは何の煩わしさもなく毎日がとても明るくなったと嬉しそうに話していました。

そして、友人の行っていたクリニックに行き、遠視のレーシック手術は可能かどうか等詳しいお話を聞きました。
もちろん可能ですとお答え頂き、受ける事にしました。

 手術は話で聞いていた通り短時間で済み、終わってしばらくする頃には眼鏡をかけているような見え方になっており、とても感激しました。
本当にレーシックを受けて良かったと今でも思っています。

Copyright(C) 2009 手術で視力を回復する.com All Rights Reserved.